バイクの大型免許が必要

ハーレーに乗るには、バイクの大型免許が必要になります。

バイクにはそれぞれに排気量があり、その排気量に合わせた免許を取得しなければならないのです。

そして、ハーレーは1000CCを超える車体が多いので、大型免許を取得しないと、乗ることはできません。

さらに、ハーレーはクラッチ操作を必要とする場合が多いので、AT限定免許を取得しても、ハーレーに乗るのは難しいでしょう。

バイクの免許は排気量に合わせて、

  • 原付
  • 小型
  • 中型
  • 大型

と免許の種類が分かれます。

原付免許を取得すると50CC以下のバイクに乗ることができ、自動車免許を取得すると自動的についてきます。

そして原付免許を取得すると、カブに乗ることもできれば、クラッチ操作の必要ないスクーターなどに乗ることができます。

注意するのは排気量だけですから、50CC以下であれば、スポーツタイプのバイクにも乗ることができます。

小型免許では125CC以下、中型免許では400CC以下のバイクに乗ることができます。

そして、大型免許を取得すると、排気量にこだわることなく、無制限で大きなバイクに乗ることができるようになります。

ですから、ハーレーに乗るなら、大型バイク免許を取得してください。

このページの先頭へ