ハーレーをカスタムするときの注意点

カスタムをするときの注意点は、様々あります。

まず、パーツは安全なものを確実に取り付けること。

これは、当然のことですよね。
命に関わることですから。

重要なパーツほど、しっかりと確実に取り付けないと、走りにも影響が出てきてしまいます。

そして、カスタムをするときは、自分がどのようなスタイルでハーレーに乗りたいのか、スタイルを明確にすることでしょう。

とにかく、ハーレーは故障しますし、一旦カスタムを始めると、あまりの楽しさに止まらなくなる方が多いようです。

そして、あれもこれもとパーツを買っていると、たくさんのお金がかかることに(笑)

ですから、どのようなスタイルで乗りたいのかを明確にしておくと、カスタムパーツを購入するときに失敗が少なくなります。

ふんぞり返るようにして乗りたいなら、ハンドルはチョッパーハンドルにカスタムするのが一般的です。

そして、とにかく走りを追求したい方には、イーグルハンドルなどがオススメです。

速く走りたいなら運転姿勢は前傾になるので、無理のない前傾姿勢が取れるハンドルにカスタムする必要があるでしょう。

また、カスタムではシートも重要。

偉そうにふんぞり返って乗りたいのなら、シートの幅などがゆったりとしたものなどが良いのではないでしょうか。

そして、シートの綿などを抜いて低くすることでも、ふんぞり返る姿勢がより楽に取れるようです(笑)

このページの先頭へ