ハーレーを自分でカスタム

ハーレーのカスタムは、ショップに頼んでも良いでしょうし、自分でやっても良いでしょう。

ただ、自分でカスタムできるほうが、後々便利なようにも思います。

というのも、ハーレーは故障が多いのです。

よく、「故障が多いからハーレーよりも国産車のほうが良い」と言う方がいますが、まさしくその通りでしょう。

ただ、故障を自分で修理することを繰り返して、ハーレーに愛着を持ってく方が多いように思います。

ですから、故障を繰り返すハーレーが、ハーレー乗りは可愛くてしょうがない(笑)

ただ、故障をするたびにショップへ修理を依頼していたら、お金が続かない。

だから、自分で修理をするようになり、カスタムも自分で出来るようになってしまうようです。

カスタムのパーツはショップで手に入れたり、友人から貰ったりするのが一般的ですね。

ただ、なんと、ハーレーには、もう手に入らないパーツがあったりします。

そんなパーツは、優秀なショップで手作りしてもらうようです。

ある日ショップに連れられて行ったとき、店長さんがサイドカーと、さらに接続パーツを手作りしているのを見て、私はびっくりしましたよ。

サイドカーは中古を修理して改造する感じで、接続パーツは店長さんが一から作り上げている感じでしたね。

このページの先頭へ