エンジン音について

ハーレーダビッドソンのエンジン音は、独特です。

このエンジン音を聞き分けられるだけで、本当のハーレーなのか、それともハーレーに似たアメリカンバイクなのかを区別することができます。

ハーレーのエンジン音は、停車中なら「ドドドッ、ドドドッ」です。三連符を打つのですね。

走っているときは「ドドドドド」です。八分音符がずっと続いていくような音です。

ですから、交差点でハーレーが止まっていると、私はすぐに聞き分けることができます。

このエンジン音は、ハーレー独特のもので、ハーレー以外に三連符を打つエンジン音を持つバイクはありません。

ですから、ハーレー乗りの中には、エンジン音にこだわり、直管マフラーにカスタムする方もいます。

車検のときには車検に通るようにマフラーを戻すようですが、普段は直管マフラーでエンジン音を思う存分楽しみます。

そして、そのエンジン音は、シートを通して、エンジンに近い足を通して、身体全体を包み込む感覚です。

気になるのは、エンジン音で警察に捕まらないかということでしょう。

私の友人がいうには、エンジン音がうるさいということで捕まったことはないようです。

ただ、ハーレーのエンジン音は本当に大きいので、近所迷惑は考えたほうが良いでしょう。

このページの先頭へ